どんがら汁

山形庄内地方では、冬になると寒鱈祭りと言うのがあります。 地元では、大変な盛り上がりを見せます。 この祭りの中心が、豪快などんがら汁の鍋なのです。 寒の季節だけにしか取れない寒鱈を丸ごと入れています。 寒鱈は、鱈とは違います。 真冬の鱈は、産卵を控えて脂がたっぷりなのです。 この鱈を区別して、寒鱈と呼んでいるのです。 特に寒鱈の肝、白子は汁のコクを出すものです。

材料(4人分)

・寒鱈:1尾

・大根:350g

・人参:1/2本 

・しめじ:適量

・豆腐:1丁

・長ねぎ:3本

・岩のり:適量

・水:6カップ

・味噌:70g

・だし用昆布:10cm 

1.寒鱈はウロコをとり、頭、骨も皮ごとぶつ切りにしておきます。  胃や腸は捨てますが、肝は残しておきます。白子がある雄なら申し分ありません。

2.豆腐は大きめの角切り、長ねぎは斜め切りにしておきます。大根、人参はいちょう切りにしておきます。

3.昆布を出汁にして大根、人参を入れ沸騰させたら昆布を取りだし、寒鱈を入れます。

4.灰汁を取りながらそのまま煮込みます。

5.具材が煮えたら、味噌を少しずつ溶かし込みます。

6.豆腐、しめじ、長ねぎを入れて、ひと煮立ちさせます。

7.器に盛って、岩のりを載せたら完成です。

↑ PAGE TOP