孟宗汁

山形庄内地方で毎年5月に行われる酒田まつりや鶴岡天神まつりを飾っているのが、孟宗汁です。 筍の季節になれば孟宗竹の産地の庄内ならではの孟宗汁で、孟宗筍を美味しく食べているのです。

材料(4人分)

・孟宗筍(皮付き):1.5Kg

・生しいたけ:3枚

・豚肉(こま切れ):150g

・アオサ:適量

・酒粕:120g

・味噌:60g

・だし(昆布やかつお節など):適量

1.生しいたけ、豚肉、厚揚げを適当な大きさに切り分けておきます。

2.孟宗筍は皮をつけたまま、米のとぎ汁に入れて茹でてアク抜きをします。

 1~2時間くらい煮立てたら、茹でた鍋に入れたまま冷ましておきます。

2.孟宗筍の皮をむきます。水でとぎ汁を洗い流してから食べやすい大きさに切っておきます。

3.出汁を取った汁に、孟宗筍を入れて火にかけます。

4.沸騰したら、生しいたけ、豚肉、厚揚げを入れます。

5.孟宗筍が柔らかくなったら、酒粕と味噌を味見をしながら少しずつ溶かし入れます。

6.アオサを入れて色を付けたら、完成です。

孟宗筍は、新しいうちに調理するほど自然の風味が損なわれません。 さらに純粋に筍を味わいたければ、豚肉、さらに生しいたけも入れない方が匂いがかき消されません。

↑ PAGE TOP